カテゴリー別アーカイブ: 未分類

前歯にステインが付く成分とメカニズム

前歯に付着するステインと言えばタバコのヤニが一番に思いつく方もいらっしゃるかも知れません。しかしステインは、コーヒーやお茶の他にワインやフルーツなど日常生活で摂取している食品でも付いてしまいます。ステインと一口に言っても、その成分はさまざまです。お茶や、ワインなどに含まれるタンニンは高い抗酸化作用のポリフェノールの一種で深い味わいを出すもので、健康的には注目されるものですが、ステインの元になるものです。更にポリフェノールの一種のイソフラボンは豆乳や豆腐などの高たんぱくの食品に含まれ、婦人病などの改善に効果的なものですが、着色の原因となりやすい一面も持っています。これ以外にも、チョコレートやココアに含まれるカカオマスポリフェノールなど健康に良いとされているものが多いのです。また、ブルーベリーなどのベリー類に含まれる深い紫色の色素は目に優しく近年サプリなどでも注目されていますが、含まれているアントシアニンはこれもやはりステインとなる物質です。健康とホワイトニングの微妙な関係が見て取れます。ホワイトニングに焦点をおくと、これらの食品の摂取には注意が必要です。摂取する量や頻度を抑えること以外の予防方法としてはブラッシングなどがあります。しかしやみくもにブラッシングをゴシゴシとすることはかえって歯を痛めて着色をひどくする恐れがあるため禁物です。そもそも、着色汚れは、どのようにして歯に付着しているのでしょうか。単純に乗っているだけであれば歯ブラシで簡単に落とせるはずですが、ステインは毎日のブラッシングをしっかりしていても付いてしまいます。ティッシュなどでこすっても落ちないものです。実は着色汚れは単純に乗っているのではなく、それぞれの成分がイオン結合でしっかりと結びついてしまっています。例えると磁石のような感じです。ステインはマイナスで歯のエナメルはプラスの成分です。以前はステインはかき取って落とすものが中心でしたが、近年ではこのメカニズムを利用して化学的に着色を浮き上がらせる方法で落とす方法が注目されています。ピロリン酸ナトリウムが歯と着色汚れの間に入ることによってエナメル質の表面のカルシウムイオンと着色の結合を緩めることができます。浮き上がった所を
ブラッシングで落とします。歯磨き粉に含まれるピロリン酸ナトリウムは1回で落とせるほど強いものではありませんので、誰でも気軽に使うことができます。毎日のブラッシングで少しずつ前歯から着色汚れが薄くなっていくことを感じられるものとなっています。黄ばんだ歯にサヨナラしたいならこの歯磨きがおすすめ